FC2ブログ

2010年12月09日

        

叔母の話の続きと、明日からのお楽しみの話

category - 日記
2010/ 12/ 09
                 
出勤前に、叔母の家のお隣さんに御挨拶に伺い、
ご迷惑をおかけしましたとお詫びしてきました。
面倒見のいい方なので、詳しく説明してくださり、
私にもいろいろ質問して、理解していただきました。

でも、高齢者で右半身が不自由で、言語障害のある叔母が、
1人暮らしをしているのを責めない、有難いお隣さんです。

叔母の家の横に大きな物置があり、
それがお隣の家の視界をさえぎるので、
もし不要な物置なら処分してもらえると、
庭に出るたびに叔母の様子を伺ってくださるとか。
その物置に何か出し入れするのを見た事がないので、
捨てるのが苦手な昭和一桁の叔母のことですから、
不要な物が入っている可能性が大きいです。

非情かもしれませんが、叔母が亡くなったとき、
荷物の整理をしなくてはいけないのは多分私なので、
不要な物は出来たら処分しておいて欲しいのも本音。
ケアマネさんから叔母に聞いてくださるそうです。
叔母がそれを望むかどうかは難しい所ですが。


明日は1年ぶりのオフ会で東京に行きます。
シュウトメちゃんを長女に頼んで、1泊してきます。

初日はステップマザーさんと初顔合わせ。
初めてお会いするのでドキドキしています。
午後6時半にacchiさん、みかんちゃん、ちかさんと合流するので、
それまでお付き合いしてくださるそうで、感謝感激。

6時半に集合するのは浜離宮朝日ホール。
笛吹き王子と私たちが呼ぶ藤原道山さんのコンサートがあるのです。

翌日はうかっちょさんめいさんと合流して、
6人で築地に行ったり、ダ・ヴィンチ展を見たり、いろいろ遊ぶ予定です。
本当はasaさんも合流する予定でしたが、残念ながらお仕事が休めないそうです。
asaさんは今年、人生が結構激変したので、
積もる話もあったのですけれど、それは来年のお楽しみという事で・・・。

では、明日・明後日と東京で楽しんでまいります。
先月から、鞭のない飴ばかりの日々で申し訳ないわ~。(笑)
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

叔母さん、自覚して~

category - 日記
2010/ 12/ 09
                 
警察から電話があった件について、
昨日、ケアマネさんに電話しました。
彼女は既に話を知っていました。
「koalaさんのところまで警察から連絡が行ったのですか?」と
逆に驚かれたので、理由を話しました。

実母が亡くなった時、叔母の隣の家のAさん宅に御挨拶に伺いました。
叔母の面倒を看ていた母が亡くなってしまったので、
もしかしたらご迷惑をかけることがあるかもしれません。
隣が両親の住んでいた空き家で、その横は1人暮らしの叔母の家。
そんなAさんに申し訳ないと思いつつ、何かあったらご連絡くださいと、
私の連絡先を伝えてあったのです。

交差点で立ち往生していた叔母が、通報を受け、
警察に保護されて家に送り返された時、
叔母に会って、この人がこの家に住む人で間違いないと、
保証してくださったのが、Aさんだったので、
その時にAさんが、警察に聞かれて、私の電話番号を伝えたのでしょう。
当日に日曜日、私は仕事でしたし、他の家族も出ていましたので、
電話しても誰も出なかったのだと思います。
シュウトメちゃんは電話の横にいる時でないと電話には出ませんし。

実は叔母が警察に保護されるのは、初めてではありません。
母が存命中に、散歩に出て、思わぬ距離を歩き、
疲れたので道端に座っていたのを通報されました。
公園か喫茶店で座れば通報されなかったと思いますが、
道端に長い時間座っていれば不審なので通報されますよね。
言語障害があるので、話しかけてくれた人に普通に返事できないのです。

その時も、疲れて座っていただけなのにと不満げだった叔母は、
今回も、自分が無謀だったとは思っていないそうです。
ケアマネさんが、懇々と言って聞かせてくれたそうですが、
本人はきょとんとしていたそうです。

「交差点の真ん中で止まっちゃったら、車が困るんだよ。
自分だって、轢かれちゃうかもしれないんだよ。
おまわりさんが家に連れて帰ってくれたけど、
お隣のAさんに確認してもらったよね?
こういうことが何回もあると、あの人を1人暮らしにするのは危ないって、
ご近所の人たちが、心配して騒ぐ事になってくるんだよ。
そうしたら、いくら自分が1人暮らしで大丈夫だと言っても、
大丈夫じゃないでしょう、施設に行きなさい、という話になるんだからね。」

ケアマネさんが一生懸命説明してくださったそうですが、
どうも本人は、大げさくらいにしか感じてなさそうだとか。
そうだろうな・・。とにかく自覚がないんだから。

おばあちゃん(叔母の実母)のお墓の件でも、今は管理費を払えばいいけれど、
最終的にどうするか考えてねって言ったけれど、
多分、叔母は何も考えていないと思うのですよ。
叔母が亡くなった後、そのお墓に入りたいとしても、
その後そのお墓にはいる人も、後を見る人もいないのだから、
そこをどうしたいか考えてみてねとケアマネさんが言って下さったのです。
私が困っていると「身内からは言いにくいよね。私から言います」と
ケアマネさんが言い出してくださって。

お墓に入りたいか、そのまま永代供養にするのか。
おばあちゃんのお墓をどうするか。
実際の話、望みどおりに手続きはしてあげるので、
それにかかる費用は出して欲しい。
これって、元気な時でないと聞けないじゃない?

ケアマネさんが本当に良くしてくださって、
お墓の件も聞いてくださり、今回の自転車お出かけ事件も
懇々と注意してくださったのだけど、
肝心の本人は全く深刻に受け止めてくれない~。(涙)

Aさんにもケアマネさんがよくお詫びを言ってくださったそう。
私も近日中にお詫びに伺いますと言って電話を切りました。
 
今日は仕事を遅刻する許可をもらいました。
叔母のお隣の方に御挨拶に行ってから出勤です。