FC2ブログ

2010年12月02日

        

スピってるkoalaの怪しい日記

category - 日記
2010/ 12/ 02
                 
 
人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。
あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る量りで量り与えられる。
あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、
なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって、
『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、どうして言えようか。
自分の目に丸太があるではないか。
偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。
そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からおが屑を取り除くことができる。

マタイによる福音書にある有名な言葉です。

職場のパート仲間に、高圧的な人がいまして、
たくさんの人がむっとさせられるのですが、
私も例外ではなく、よくむっhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h258.gifとするのです。

そういう時、こんな言葉を思い出したりするのですが、
今日、この言葉の新しい解釈が頭に浮かび、
なんだか自分の中で、ムッとした気持ちが少しすっきりしたのです。

新しい解釈と言っても、クリスチャンの方が聞いたら、
ちょっとそれはhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h002.gifと怒られそうなのですけどね。


「おが屑」は他人の罪で、「丸太」は自分の罪。
どうして他人の罪は小さくても見え、自分の罪は大きくても見えないのか。
今までは「人間はうぬぼれているから」と思っておりました。


しかし「過去世で自分が経験し、痛い目にあって、
それが間違いだと知っている他人の罪は、小さくても見える」
そういう場合もあるんじゃないかな?
そして「まだそういう痛い目にあっていない罪を犯している場合は、
それが大きな罪でも自分ではわからない」という場合もあるのでは?
そんな風に思ったのですよ。

職場で威張っている同僚にたとえて言えば、
「私は過去世で、自分は偉いと思い、人を見下して、
命令や叱責ばかりしていたことがあり、痛い目にあったことがあるのかも。
威張って命令や叱責を繰り返すことが愚かだと学んだ結果、
今、それを目の前で見せる人の間違いがわかる。」
ね?これが真実かも、と想像すると、怒りは引きますよね。

あるいはこんな想像もできるのです。
「私がかつて命令や叱責を繰り返し、この人にした過去世があるので、
カルマとして、今生、逆の立場に立つことになったのかも。」
これも、怒りを冷やす想像です。


しかし、こんな怪しい日記を本気で書く50歳になろうとは
ハタチの時には想像もしてなかったです。
http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h451.gif

とりあえず怒りが引けば人を裁く危険が減りますね。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h264.gif

人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。
これも、カルマという意味合いで考えると、面白いですよ~。

ちょっと(すごく??)怪しいオンナ、koalaでした。
            
スポンサーサイト