FC2ブログ

2010年12月

        

ある美しく官能的な女性のリーディング

category - 日記
2010/ 12/ 14
                 
ケイシーからこの女性がリーディングを受けたのは、
41歳だったそうですが、その年齢でも非常に美しく、
女性としてかなり魅力的だったそうです。
(ケーシーのリーディングの説明は文の最後にあります)

彼女は23歳の時に、有名な実業家と結婚しました。
夫は完全な不能でしたので、彼女は苦しみました。
彼女は官能的な女性であり、魅力的なので誘惑も多かったのです。
しかし、彼女は夫を愛していて、傷つけたくなかったので、
最初の2~3年は浮気もしましたが、それも克服しました。

しかし、41歳になった彼女の前に、かつての求婚者が現れたのです。
元求婚者はずっと前から彼女を愛していた、立派な人物でしたが、
自分が求婚するにふさわしくなるまで、その気持ちを言いませんでした。
彼が求婚したのは、彼女が現在の夫と婚約してすぐのことでした。

彼は既に結婚していて、彼の妻は彼女も知っている女性でした。
2人はこの再会に心が乱れ、不倫の恋に苦しみます。
しかし、彼女は彼の妻を傷つけたくないと強く思い、
2人の関係を終わらせました。
彼女の夫は立派な人格者になっていました。
彼女は誰も傷つけたくありませんでした。

ケイシーのリーディングで、彼女の2回前の前世で、
フランス十字軍時代に、彼女と夫が夫婦だったとわかりました。
夫は十字軍運動に熱中しており、遠征に出かける際に、
嫌がる妻に貞操帯をつけて出かけました。
妻は自分の不貞が疑われ、嫌がるものを強制的につけられたことで、
激しい怒りと復讐心を持ったというのです。

無理に貞操帯をつけた夫が、今生でカルマにより不能に生まれてきて、
妻は美しく官能的に生まれてきました。
嫉妬させ、恥をかかせ、離婚して、復讐することのできる
またとない環境に置かれていたのです。

ここまで読むと、カルマって罰なんだわ~と思いますよね?


しかし、最初に書いたように、彼女は誰も傷つけたくありませんでしたし、
夫を心から愛し、尊敬していました。
かつての求婚者が今でも彼女を熱愛、熱望してきて、
心が乱れても、彼の妻を思い、関係を終わらせました。

彼女の今生に起きた苦しい出来事は、彼女が復讐心に燃えたカルマでしたが、
そのような環境に自分を置きながら、彼女は他の人の苦しみを想像し、
自分が苦しい気持ちを飲み込む方を選んだのです。
復讐心に燃えた時代に比べ、今生の彼女は、
相手の幸せを優先するほどに、とても霊的に成長していました。

夫もきっとかなり魂の成長をしたのでしょう。
嫌がる妻に無理に貞操帯をつけた男性が、不能という屈辱の中で、
妻に尊敬と愛を受ける人格者になったそうですから。

ここまで考えると、カルマは罰ではなくて、
魂の成長の実践テストなのね~と思いませんか?

自分がしたことは自分に返ってくる。
それも、悪いカルマの場合は、自分がそれにチャレンジできるまで
魂の成長を待って返ってくる。
魂の成長が足りなければ、過ちを犯すのは当たり前。

カルマが返る形が生まれる前に決まっていたとしても、
それにどのように答えるかは今生の自分次第。
そう考えていいんじゃないかという思いは、
なんだか私の心身をすっきりさせてくれたのでありました。


  (ここから先はエドガーケーシーのリーディングについての豆知識です)

エドガー・ケイシー(故人)は医療リーディングで有名な人です。
私は子宮筋腫の症状が出て困っていたときに、ネットで知りました。
医療知識のないケイシーですが、催眠誘導を受けて瞑想状態になり、
医者で治せなかったような病人について質問すると、
原因、治療法、気をつけねばいけないことなどを的確に話したそうです。
このリーディングには、催眠下にケーシーを導き、質問する役と、
それを書き留める速記役とが必要でした。

例えば、精神病院に入院していた少女がいました。
精神障害の原因は不明で、兄がリーディングを依頼したのです。
少女の親知らずが1本歯茎に食いこみ、脳神経を侵しているので、
それを抜くようにとのリーディングでした。
ケーシーはこの時、少女の口の中を見ていたわけではなく、
寝椅子に横になり、誘導されて催眠状態になっているのです。
調べてみると、確かにそのような親知らずが見つかり、
適切な歯科治療が行われた所、少女は完全に正常になったということです。

ケーシーは1877年にアメリカの百姓の家に生まれた人で、
速記されたリーディングはタイプされて記録として残っていますし、
たくさんの証人、感謝の手紙、医者の宣誓書などの記録も多く、
作り話というには、証拠がありすぎるそうです。

こういう医療的なリーディングを超えたリーディングを
ケーシーが出来るのではないかと考えて依頼した人がいました。
その想像は当たり、以来、前世のリーディングも多くこなしました。

                         
                                  
        

宮本辰彦さんを知っていますか?

category - 日記
2010/ 12/ 13
                 
いきなりですが今日の晩ご飯です。
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/29/imgcd122c9azikezj.jpeg

こっちは昨日の晩ご飯。ちょっとボケました。
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/28/img2fb8334azik0zj.jpeg 
 
実は私は今日、偶然ネットで知りました。
この間買った本(転生の秘密 エドガー・ケイシー・レポート)が面白かったので、
類似本でも読もうかなと思って探していたのです。
エドガー・ケイシーと聞いただけで全否定の方もいらっしゃるでしょうが、
輪廻転生を信じる方、よろしければご一読を。

前回の本も、アマゾンで買った中古品、今回も同様です。(ケチ?)
今回注文したのは「成功と幸せを手に入れる瞑想力」という本で、
書店にあっても私は手に取らないだろうという感じのタイトル&装丁。(笑)
著者の宮本辰彦さんも聞いたことない人でしたし。

動画があるんですが、これが面白かったのです。
宮本辰彦さんのお話が聞けるサイトです。


最近私は物忘れが激しく、結構凹みやすくなっておりました。
記憶力の減退が激しいと、自分に不信感が募ります。
この動画で宮本氏は自信について語ってくれていました。

「自信というのは、自分の現在の能力を誇れる事ではない。
自分の人生にある、意味と価値を信じることだ。
自分の人生に何が起ころうとも、それは自分をつぶすために起こるのではなく、
そこから何かを学ぶために起こるのだから、必ず乗り越えられると
確信できることが、自信を持つということだ」という内容の話で、
私はその話にいたく感動し、納得したのでありました。


宮本氏は話を続けます。

自分の人生にどこに価値を見出すかは人それぞれで、
体力や容姿だったり、知力だったり、社会的名誉だったりするが、
それらは年を取るにつれ、限界がきて、諦めなくてはいけなくなる。
自分の未来に希望が持てなくなったとき、人の心は老いていく。
老人が昔話ばかりするのは、語るべき未来がないからだ。

しかし、愛に価値観をおき、少しでも思いやりのある人間になりたいと願う時、
語るべき未来はなくならない。体力も容姿も知力も地位も失っても、
人は、明日はもっと思いやりのある人に成長したいと思うことが出来る。

相手の幸せを祈る事が思いやりならば、自分が不幸では祈れない。
だから自分を愛し幸せにしなくてはいけない。
でも、自分の幸せとはどういうことか、聞かれても答えられない人が多い。

人を好きになったら、その人が気になって仕方ないし、
その人に関する小さな事も、いろいろ知りたいと思うはず。
自分について、そういう形で自分に関心を持つ人は少ない。

例えば、落ち込んでいる時の自分の見つめ方は、思い込み過剰で、
主観的で、自意識過剰になるけれど、
自分を幸せにする自分の意識の仕方は客観的でなければ。


調子のいい時には、自分ってけっこういいかも、と自分を愛せても、
逆の時には自分を愛するのは難しい。
でも、どんな状況の自分も愛することができることが、幸せの境地。


輪廻転生に関してはこんなことを言っていました。

魂が何度も転生するのは、成長に現世で生きることが不可欠だから。
魂の世界は、自分の魂の意識があるところにすぐ行くので、
同じレベルが集まってしまう。
こんな人もいるんだ!という違うレベルとの出会いがないと成長しない。

魂は、例えば今の日本人がお金がもっと欲しいと思うように、
もっと愛を育みたいと思うので、そのために現世に生まれたいと願う。
生まれる前に、自分が情を育める環境のシナリオを作って生まれてくる。
辛いことを辛いと感じないと、情ははぐくめないけれど、
この世に生まれてから迷いすぎても目的が達成できないので、
辛いシナリオと共に、道しるべとなる目印も用意してある。

山登りに例えると、幸せになる、愛をしっかり育むという頂点を目指して、
山の頂点に向う途中に、所々に道しるべがあり、
それを見ると人は、守られている、導かれているという感覚を味わう。
頂点を目指さないような生き方をしていると、その道しるべが見えない。


よくある人生訓と霊的なお話といえばそうなのですが、
最初の自信についての言葉を聞けたのは、ちょうど物忘れが激しい自分に、
ショックを受け凹んでいた、ナイスタイミングで、心に沁みました。
私って守られて導かれてると感じました。道しるべ?(笑)

体力や容姿、知力、社会的地位が全て失われても、
もっ思いやりのある人になりたいという価値観であれば、
死ぬ直前までその人は未来を語ることが出来る。
ま、呆けてなければ、ということもできますけど、
呆けても、誰かに何かを喚起する役目を果たしてるのかもしれないですしね。

私はシュウトメちゃんという敵役を、情を育むためにチョイスして生まれてきたのかもね~。

最初に面白かったと書いた本、「転生の秘密 エドガー・ケイシー・レポート」
についても、またそのうち書きたいと思います。
                         
                                  
        

東京オフ会最終日

category - 日記
2010/ 12/ 12
                 
何しろ1泊2日なので、初日の次は最終日です。(笑)

最初に連れて行っていただいたのは日比谷公園でした。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/51/img381e65b7zik0zj.jpeg 


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/49/img2d31b745zikczj.jpeg

ここでダ・ヴィンチ展をやっていたのです。
仮説の展示場の展覧会だからと軽く見ていると、
なかなかどうして、すごく見ごたえhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h349.gifがあって素晴らしかったです!

感動しておなかが空いたところで築地に移動。
 
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/55/img1983272azik9zj.jpeg

お昼を過ぎていましたが、かなりの賑わい。
こんなの↓見つけてつい撮影。
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/54/img207a7340zik2zj.jpeg

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/56/img176d5b8azikfzj.jpeg

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/53/imgacdb266azik8zj.jpeg

しかし、今回はお買物ツアーではないので、
築地ではランチオンリーでした。


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/57/imgf654b543zik5zj.jpeg
 ランチの第1弾~

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/58/img4b24ceb4zik1zj.jpeg
  そして第2弾~ 絶対に食べすぎ!

食べながらしゃべりまくり、歩きながらまたしゃべりまくり、
銀座に移動して、お洒落な喫茶店が満席でそこを去り、
三越を冷やかしながら(3万円以上のパジャマとか!)上に上がり、
甘味処に並んで、やっと席を確保してまたおしゃべり。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/59/img33086d75zik5zj.jpeg
 
絶対にランチは食べすぎだったにもかかわらず、
あんみつをオーダーしたワタクシでありました。
全員甘味とドリンクをオーダーしたのですよ、念のため。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h348.gif

私が家に帰ったのは9時半くらいでした。
飴の後には軽いムチが。
今日は義姉さまがいらっしゃるそうです。
私は仕事なのでいませんが、疲れてても大掃除だわ~。(笑)
でも、味わった飴http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h349.gifに比べたら、掃除なんか屁のカッパ~。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h348.gif
                         
                                  
        

東京オフ会1日目

category - 日記
2010/ 12/ 12
                 
楽しかった東京オフ会の2日間はあっという間に過ぎました。


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/35/img66aaea2fzik7zj.jpeg
 東京ミッドタウンのイルミネーション

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/36/imgab616f54zikbzj.jpeg
 六本木 毛利庭園のイルミネーション

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/38/img24e80b94zikczj.jpeg
  六本木イルミネーションと東京タワー



http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/47/imga8c67f4czik3zj.jpeg
  六本木 蜘蛛のオブジェとイルミネーション
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/37/img529ca99bzik8zj.jpeg
 東京タワーと飛行船

ネット友達というのは、普段から突っ込んだ話をしていますので、
初対面でも、いきなり核心に触れる話ができるのですよね。
ステップマザーさんのアトリエにお邪魔して、波乱に満ちたお話を聞き、
図々しく手作りのランチも食後のコーヒーもいただいて、いろんな話をしました。

ステップマザーさんはきっぱりしてかっこいい、懐の深い素敵な人でした。
波乱万丈のお話に引き込まれて聞き入ってしまいました。

アトリエのランチとおしゃべりの後は、美術館やお買い物、
ライトアップを案内していただきました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/41/img9d8f139bzik2zj.jpeg
  ここは国立新美術館

最初に向ったのは、この美術館でした。
ゴッホ展をやっていましたが、それは見ないでショップを冷やかしました。


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/42/imgbba81a51zik9zj.jpeg


その後は笛吹王子こと藤原道山さんのコンサートに。
参加者はアッチさん、みかんちゃん、ちかさんと私の4人でした。
アッチさんとみかんちゃんは藤原道山さんの熱烈ファンとして出会った仲。
アッチさんはブログで藤原道山さん布教活動を長年なさっているので、
その甲斐あって、藤原道山?それ誰?状態だった私とちかさんが洗脳され、
今回2回目のコンサート参加となりました。

笛吹王子様は絶好調。
澄んだ伸びやかな尺八の音色で私たちを魅了してくれました。
皆さんも機会があれば是非とも聞いてみてくださいね。
最近は有名になってテレビにも時々出ていますから。

youtubeで見つけました。
ここをクリック!

コンサート後はビールで乾杯して夕食タイム。
私たちの年代でも女子会って読んでいいのかな?

楽しく飲んで食べて、自宅に戻るアッチさんに手を振りました。
しかし可哀想にアッチさんが自宅に戻れたのは、電車の事故による遅延のため、
なんと3時間後だと知ったのは翌日のことでありました。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/43/imgb6a7b469zik2zj.jpeg
 私とちかさんが泊まった汐留ヴィラフォンテーヌのイルミネーション
昨年のオフ会では品プリのシングルルームに泊まり、
その部屋の狭さはともかく、窓とバスルームのコンパクトさに驚愕しましたが、
ここは大丈夫でした。お値段も安めです。
隣のホテルはコンラッドですが、さすがにそんな贅沢は出来ないですね~。

ちなみにみかんちゃんは品プリのシングルに以前泊まった時、
「ここは私、無理!」と判断(笑)して以来、
品プリのツインのシングルユースが定宿です。
 
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/44/img34b0cfeazik4zj.jpeg
 翌朝撮影しましたが、ホテルのシングルルームはこんな感じ
 


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/45/img11683613zik3zj.jpeg
 部屋の窓からの眺めはこんな感じ
                         
                                  
        

叔母の話の続きと、明日からのお楽しみの話

category - 日記
2010/ 12/ 09
                 
出勤前に、叔母の家のお隣さんに御挨拶に伺い、
ご迷惑をおかけしましたとお詫びしてきました。
面倒見のいい方なので、詳しく説明してくださり、
私にもいろいろ質問して、理解していただきました。

でも、高齢者で右半身が不自由で、言語障害のある叔母が、
1人暮らしをしているのを責めない、有難いお隣さんです。

叔母の家の横に大きな物置があり、
それがお隣の家の視界をさえぎるので、
もし不要な物置なら処分してもらえると、
庭に出るたびに叔母の様子を伺ってくださるとか。
その物置に何か出し入れするのを見た事がないので、
捨てるのが苦手な昭和一桁の叔母のことですから、
不要な物が入っている可能性が大きいです。

非情かもしれませんが、叔母が亡くなったとき、
荷物の整理をしなくてはいけないのは多分私なので、
不要な物は出来たら処分しておいて欲しいのも本音。
ケアマネさんから叔母に聞いてくださるそうです。
叔母がそれを望むかどうかは難しい所ですが。


明日は1年ぶりのオフ会で東京に行きます。
シュウトメちゃんを長女に頼んで、1泊してきます。

初日はステップマザーさんと初顔合わせ。
初めてお会いするのでドキドキしています。
午後6時半にacchiさん、みかんちゃん、ちかさんと合流するので、
それまでお付き合いしてくださるそうで、感謝感激。

6時半に集合するのは浜離宮朝日ホール。
笛吹き王子と私たちが呼ぶ藤原道山さんのコンサートがあるのです。

翌日はうかっちょさんめいさんと合流して、
6人で築地に行ったり、ダ・ヴィンチ展を見たり、いろいろ遊ぶ予定です。
本当はasaさんも合流する予定でしたが、残念ながらお仕事が休めないそうです。
asaさんは今年、人生が結構激変したので、
積もる話もあったのですけれど、それは来年のお楽しみという事で・・・。

では、明日・明後日と東京で楽しんでまいります。
先月から、鞭のない飴ばかりの日々で申し訳ないわ~。(笑)
                         
                                  
        

叔母さん、自覚して~

category - 日記
2010/ 12/ 09
                 
警察から電話があった件について、
昨日、ケアマネさんに電話しました。
彼女は既に話を知っていました。
「koalaさんのところまで警察から連絡が行ったのですか?」と
逆に驚かれたので、理由を話しました。

実母が亡くなった時、叔母の隣の家のAさん宅に御挨拶に伺いました。
叔母の面倒を看ていた母が亡くなってしまったので、
もしかしたらご迷惑をかけることがあるかもしれません。
隣が両親の住んでいた空き家で、その横は1人暮らしの叔母の家。
そんなAさんに申し訳ないと思いつつ、何かあったらご連絡くださいと、
私の連絡先を伝えてあったのです。

交差点で立ち往生していた叔母が、通報を受け、
警察に保護されて家に送り返された時、
叔母に会って、この人がこの家に住む人で間違いないと、
保証してくださったのが、Aさんだったので、
その時にAさんが、警察に聞かれて、私の電話番号を伝えたのでしょう。
当日に日曜日、私は仕事でしたし、他の家族も出ていましたので、
電話しても誰も出なかったのだと思います。
シュウトメちゃんは電話の横にいる時でないと電話には出ませんし。

実は叔母が警察に保護されるのは、初めてではありません。
母が存命中に、散歩に出て、思わぬ距離を歩き、
疲れたので道端に座っていたのを通報されました。
公園か喫茶店で座れば通報されなかったと思いますが、
道端に長い時間座っていれば不審なので通報されますよね。
言語障害があるので、話しかけてくれた人に普通に返事できないのです。

その時も、疲れて座っていただけなのにと不満げだった叔母は、
今回も、自分が無謀だったとは思っていないそうです。
ケアマネさんが、懇々と言って聞かせてくれたそうですが、
本人はきょとんとしていたそうです。

「交差点の真ん中で止まっちゃったら、車が困るんだよ。
自分だって、轢かれちゃうかもしれないんだよ。
おまわりさんが家に連れて帰ってくれたけど、
お隣のAさんに確認してもらったよね?
こういうことが何回もあると、あの人を1人暮らしにするのは危ないって、
ご近所の人たちが、心配して騒ぐ事になってくるんだよ。
そうしたら、いくら自分が1人暮らしで大丈夫だと言っても、
大丈夫じゃないでしょう、施設に行きなさい、という話になるんだからね。」

ケアマネさんが一生懸命説明してくださったそうですが、
どうも本人は、大げさくらいにしか感じてなさそうだとか。
そうだろうな・・。とにかく自覚がないんだから。

おばあちゃん(叔母の実母)のお墓の件でも、今は管理費を払えばいいけれど、
最終的にどうするか考えてねって言ったけれど、
多分、叔母は何も考えていないと思うのですよ。
叔母が亡くなった後、そのお墓に入りたいとしても、
その後そのお墓にはいる人も、後を見る人もいないのだから、
そこをどうしたいか考えてみてねとケアマネさんが言って下さったのです。
私が困っていると「身内からは言いにくいよね。私から言います」と
ケアマネさんが言い出してくださって。

お墓に入りたいか、そのまま永代供養にするのか。
おばあちゃんのお墓をどうするか。
実際の話、望みどおりに手続きはしてあげるので、
それにかかる費用は出して欲しい。
これって、元気な時でないと聞けないじゃない?

ケアマネさんが本当に良くしてくださって、
お墓の件も聞いてくださり、今回の自転車お出かけ事件も
懇々と注意してくださったのだけど、
肝心の本人は全く深刻に受け止めてくれない~。(涙)

Aさんにもケアマネさんがよくお詫びを言ってくださったそう。
私も近日中にお詫びに伺いますと言って電話を切りました。
 
今日は仕事を遅刻する許可をもらいました。
叔母のお隣の方に御挨拶に行ってから出勤です。
 
                         
                                  
        

警察からの電話

category - 日記
2010/ 12/ 07
                 
先ほど、警察から電話があってびっくりhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h451.gifしました。

最初、警察署からの電話とわかった時には、
オットと長男の帰宅前だったので、事故?!http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h350.gifとドキドキしましたが、
叔母の名前を出し、姪御さんでいらっしゃいますか?と聞かれました。

今度は叔母の身に何か?!http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h350.gifと思い、またドキドキ。
しかし、お話は、叔母が日曜日に自転車で出かけ、
交差点の真ん中で立往生していたのを見た方が通報してくださり、
警察に保護され、自宅に戻された事があったということでした。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h444.gif

叔母は脳梗塞の後遺症で、右半身が麻痺しています。
2回も発作後、骨折もしたので、足の力は極端に弱まり、
リハビリはしているものの、自転車で出かけるなんて無謀すぎ。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h789.gif

自転車は3輪自転車なので、転びにくいのですが、
叔母は自宅では伝い歩きで、言語障害もあります。
買物に本人が出かけるのは無理という事で、
日曜日以外はデイサービスかヘルパーさんの訪問が
毎日入っていますし、通院日にはケアマネさんがついてくれます。
日曜日だけ空白ですが、食べ物は冷蔵庫に用意されています。
なのに「お弁当が買いたくなって出かけたそうです」とおまわりさん。

叔母はチャレンジャーhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h817.gifなので、まだ買物くらいできると思い、
実行してみたのはいいけれど、交差点の真ん中で立ち往生。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h791.gif
自転車で立ち往生してしまったのはなぜなのかわからないけど・・・。

叔母の隣の家のAさんが、警察の方に頼まれて、確認をし、
確かにこの家に住む人だということで、叔母は家に帰れたのでした。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h786.gif

この叔母は実母の姉で、ずっと独身できました。
きょうだいの生き残りは叔父だけですが、
叔父は最近まだら呆けになってきて、頼るのは無理です。
(以前、お墓問題で電話してきたのはこの叔父の次男さんです。)

私の他に面倒を見そうな身内はいません。
私の弟はアメリカ在住だし、前に挙げた叔父の長男さんも次男さんも、
自分の親がまだらボケなんですから、その叔父の妹のことまではねぇ。
やっぱり私が介入するしかないですよね。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h444.gif

叔母に関しては、危険がなければ好きにさせてあげたいけれど、
交差点で立ち往生してしまうようでは止めるしかありません。
しかし、言語障害のある叔母は電話しても出ませんから、
近いうちに、ご近所のAさんにお礼も言うのも兼ねて、
叔母の家に行ってこなくては。
それより先にケアマネさんにも明日報告しておかなくては。
明日は職場の忘年会で、金曜・土曜は東京でオフ会があるし、
日曜は私は基本的に仕事で、休むとかなり迷惑をかけるし・・・
明後日の木曜日の出勤前か仕事後に寄ってみるべきかしら。
とりあえず、明日ケアマネさんに相談してから決めましょうか。

叔母が、気ままに暮らしたいhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h420.gif気持ちはわかるんです。
でも、自分で自分の面倒が見られなくなってきたのが現実。
毎日の面倒を見てあげられる人は福祉の人だけというのも現実。
入所はどうしても嫌だという叔母だけれど、
交差点で立ち往生してしまうようだと、施設も視野に入れないと。

可哀想なんですけど、私が仕事を辞めて面倒を見るわけにも行きません。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h444.gif

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/11/img25bd2ccfzik6zj.jpeg
平和な夕食を食べ終えてすぐの電話でした・・・。
                         
                                  
        

足の付け根が痛い~

category - 日記
2010/ 12/ 06
                 
今日はなぜか左足の付け根が痛くて困りました。
強い痛みではなかったのですが、
6時間の立ち仕事で、重い物を運んだりもするので、
座りたい~と思いましたね、今日は。

明日は仕事は休みです。
ちょうどアロママッサージの予約を入れてあるので、
明日もまだ痛かったら、先生に聞いてみようと思います。

年齢を重ねると、いろいろメンテが必要なのよね~。

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/93/imgedcd7076zik9zj.jpeg

昨日の晩ご飯

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/94/img6fdabff6zikazj.jpeg

これは今日の晩ご飯

2日連続でお魚がメインでした。美味しかった~。
                         
                                  
        

女同士でお買物♪

category - 日記
2010/ 12/ 04
                 
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/27/img5d8992d2zik2zj.jpeg
 お店に向う途中にあった柿安でランチ

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/77/0000146977/28/imgc1147029zikbzj.jpeg
 自分だけ豪華なランチを食べたので、気がとがめた主婦koala。
 その結果、夕食がやや豪華バージョンに。(笑)

昨夜は、近所の焼き鳥屋さんで、友人同士の忘年会をしました。
残念ながら、京都に一緒に出かけた友人は風邪で欠席。
4人で食べて飲んでおしゃべりに花を咲かせました。
気がついたら12時近くになっていて、
驚いてお開きになりました。

そして今朝、昨日会った友人の1人から電話があり、
名古屋のとってもお値打ちなお店に、
買物に行かない?とお誘いを受けました。

昨日、忘年会で長い時間おしゃべりに興じた4人のうち
3人で、買物ツアーに出発。
「夕べさようならと言ってから、こんなに早く会うなんてね~」
と言いながら、またおしゃべりに花を咲かせ、
買物を楽しみました。

気に入った洋服があったら買いたいと思って出掛けましたが、
どうもこのお店の洋服はあまり趣味に合いませんでした。
しかし、お値打ち価格になったバッグがたくさんあって、
お互い見立てあって、3人ともバッグをお買い上げ。

私はシュウトメちゃんのクリスマスプレゼントにぴったりの
とてもとてもお値打ちな(笑)バッグを見つけてご満悦。
ラッピングしていただきました。
他にもこまごましたものを買いましたが、
いや~、女同士のお買物って、楽しいですね。

昨日も今日も楽しかったです。
今度の金曜日は東京1泊でネット友にたくさん会えるし、
最近の私は自分にご褒美のオンパレード・・・。

もっと家族のためにも働かなくちゃね♪
                         
                                  
        

スピってるkoalaの怪しい日記

category - 日記
2010/ 12/ 02
                 
 
人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。
あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る量りで量り与えられる。
あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、
なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって、
『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、どうして言えようか。
自分の目に丸太があるではないか。
偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。
そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からおが屑を取り除くことができる。

マタイによる福音書にある有名な言葉です。

職場のパート仲間に、高圧的な人がいまして、
たくさんの人がむっとさせられるのですが、
私も例外ではなく、よくむっhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h258.gifとするのです。

そういう時、こんな言葉を思い出したりするのですが、
今日、この言葉の新しい解釈が頭に浮かび、
なんだか自分の中で、ムッとした気持ちが少しすっきりしたのです。

新しい解釈と言っても、クリスチャンの方が聞いたら、
ちょっとそれはhttp://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h002.gifと怒られそうなのですけどね。


「おが屑」は他人の罪で、「丸太」は自分の罪。
どうして他人の罪は小さくても見え、自分の罪は大きくても見えないのか。
今までは「人間はうぬぼれているから」と思っておりました。


しかし「過去世で自分が経験し、痛い目にあって、
それが間違いだと知っている他人の罪は、小さくても見える」
そういう場合もあるんじゃないかな?
そして「まだそういう痛い目にあっていない罪を犯している場合は、
それが大きな罪でも自分ではわからない」という場合もあるのでは?
そんな風に思ったのですよ。

職場で威張っている同僚にたとえて言えば、
「私は過去世で、自分は偉いと思い、人を見下して、
命令や叱責ばかりしていたことがあり、痛い目にあったことがあるのかも。
威張って命令や叱責を繰り返すことが愚かだと学んだ結果、
今、それを目の前で見せる人の間違いがわかる。」
ね?これが真実かも、と想像すると、怒りは引きますよね。

あるいはこんな想像もできるのです。
「私がかつて命令や叱責を繰り返し、この人にした過去世があるので、
カルマとして、今生、逆の立場に立つことになったのかも。」
これも、怒りを冷やす想像です。


しかし、こんな怪しい日記を本気で書く50歳になろうとは
ハタチの時には想像もしてなかったです。
http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h451.gif

とりあえず怒りが引けば人を裁く危険が減りますね。http://image.space.rakuten.co.jp/emoji/h264.gif

人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。
これも、カルマという意味合いで考えると、面白いですよ~。

ちょっと(すごく??)怪しいオンナ、koalaでした。